不動産投資を始めて、大きな利益を手に入れよう

ローンの支払いが困難

任意売却の歴史や変遷

任意売却は競売に比べてメリットが大きいので、最近では住宅ローンが払えなくなったときにとる方法として一般的になっています。任意売却は民法などの法律で定められているものの、6,7年前まではほとんど見られることがありませんでした。なぜ最近になって任意売却が多く行なわれるようになったのでしょうか? それは、バブルの頃をはじめとしてマンション・不動産の値上がりする時代が長く続き、買ったマンション・不動産が担保割れすることがほとんどなかったからです。ところが、リーマンショックなどの影響でデフレが長期化し、マンション・不動産の価格が大きく担保割れするようになり、その傾向は今でも続いています。 そこで、不良債権の処理に苦しんでいた金融機関を支援するための法律「サービサー法」が施行され、その不良債権処理の一環として任意売却が行なわれるようになりました。

任意売却におけるこれからの動向について

任意売却とは、ローン返済に窮することで競売にかけられることを免れるものとなるものです。これまではその売却を行う専門機関があり、多くの依頼を受けていたものです。競売で処分されるよりは良い条件で買い手を探すものとなります。 現在は任意売却を手掛けるのは通常の仲介業者でもあります。通常の売却のように任意売却を行えるようになっているわけです。もちろん、差し押さえまでの期限内という制約もあるわけですが、その中でいかに効果的に売却活動を行えるかがポイントになります。 それをひとつの課題としながらも、少しでも有利な条件で任意売却を行うことができるようにと、これからも多くの仲介業者が取り組んでいくと見られています。