不動産投資を始めて、大きな利益を手に入れよう

物件選び

賃貸の住宅というものは

賃貸の住宅というものは、どうしても自分の分限を超えないようにすることが重要であるといえます。 賃貸の物件の相場がじわじわと騰がっています。もちろん、都市部を中心にしたところではありますが、そうした動向があります。これは基本的には景気がよくなっている証拠であり、実はよいことです。ですが、借りる側としては辛いことでもあります。 賃貸物件は色々と借りるためのハードルがありますから、それを覚悟しておかないといけないのです。何故ならば、保証人が必要になるからです。賃貸物件を借りるときに大変なのは、保証人であり、それを用意することが難しい人がたくさんいます。 相場が高くなりつつある、というのは、保証会社のサービスを受けるのも大変になるわけでもあります。

賃貸住宅の下見では駅から自分で歩いてみよう

賃貸住宅の物件広告を見ると、アクセスとして最寄の駅からの徒歩での所要時間が書かれています。 この所要時間の算出にはルールがあって、80メートルを1分間で歩くスピードを基準に出されています。ですから駅からその賃貸住宅までの地図上の距離は大体把握することができますが、歩くスピードは当然人によってまちまちです。ですから、気に入った賃貸物件が見つかり現地で下見をする時には、必ず自分の足で駅から歩いてみることが必要です。賃貸物件広告に書かれている所要時間には信号待ちが多いとか上り坂が急などの道路事情は加味されていませんから自分でチェックしなくてはなりません。 それに、駅から賃貸住宅までの距離は双方の入り口で計算していますから、駅の改札を通っても自分が乗る電車のホームまで何分もかかるということであればその分も所要時間に含めておかなくてはなりません。